最近の記事

2011年03月16日

東日本電信電話(NTT東日本)「電話・通信回線【計画停電時の通信機器取り扱いの注意点】

東京電力の「計画停電」による通信サービスへの影響について

 東京電力様が3月13日に発表した「計画停電」により想定される通信サービスへの主な影響は以下のとおりです。お客様にご不便、ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。
1.通信への影響
停電中は、以下のサービスの発着信ができなくなります。
(1)電話系のサービス
ひかり電話、ISDN、加入電話(加入電話については、商用電源を使用しているコードレスホン等の電話機の場合)
(2)インターネット系のサービス
フレッツ光、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN
(3)ビジネス系のサービス
ビジネスイーサ、フレッツVPN、PBX(構内交換機)、ビジネスホン(事業所用電話機)等
2.お客様へのお願い
給電再開後に通信できない場合は、通信機器の電源の抜き差しをお試しください。
PBX及びビジネスホンについては、停電になる前に電源を切り、給電開始後に電源を再投入することをお勧めします。
(装置内に保有するバッテリーが枯渇し、放電された状態となり、再度電源を投入しても起動しない恐れがあるため)
3.その他
停電に伴う弊社システムへの影響や交通機関の運休による出勤難により、弊社116(お客様申込・問合せ受付)、113(故障受付)などのセンタが受付できない場合があります。
また、電話・インターネット等の工事や修理につきましても、工事・修理用車両の燃料確保が困難になってきていることや出勤難から、震災の直接的な被害が少ない地域におきましても、工事実施が困難となったり、修理がお約束の日時に実施できなくなることがございます。


平成23年3月15日

東日本電信電話株式会社
posted by Mark at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の連絡先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京電力「電気製品【計画停電時の電気製品取り扱いの注意点】

東京電力からお知らせいたします。

 この度の計画停電につきましては、広く社会の皆さまに大変なご迷惑とご不便をおかけすることとなり、深くお詫びいたします。

 当日の停電の実施につきましては、需要見通しと供給力のバランスを見極めながら検討のうえお願いしてまいりますので、何卒ご協力を賜りたくよろしくお願いいたします。

計画停電は、さきの地震に伴う影響により当社区域内の電力需要が極めて厳しくなった状況において、全地域を5つのグループに分け、あらかじめ予定した時間帯(毎日更新)のうち3時間程度を計画的に停止するものです。
*これにより予見性のない大規模な停電を回避することができます。

停電に伴い、以下の点にご注意をお願いいたします。
アイロンやドライヤーなどの電熱器具は、コンセントからプラグを抜くようお願いいたします。停電解消時の火災の原因にもなりかねませんので、特に外出する際はお気をつけください。
ビルやマンションは、エレベーターや自動ドア、オートロックなどが稼動しなくなり、水道水が一時的に出なくなることがあります。
*エレベーターの管理者の方は、停電前にスイッチを切り、運転できない状態にしておくようお願いいたします。
ご自宅で医療を受けられている方は、医療機関などにご相談をお願いいたします。
ガス漏れ警報器は作動しません。
水槽の魚などはイケスに分散いただくか、電池式エアーポンプをご用意ください。熱帯魚は水温にもご注意ください。
防犯システムは作動しない場合があります。
パソコンなどOA機器のご使用中に停電になりますと、入力中のデータが消えてしまったり機器が故障してしまうことがあります。こまめにデータを保存し、電源をあらかじめ切っていただきますようお願いいたします。
*停電前にブレーカーを切り、パソコンなどの家電機器のプラグを抜いてください。停電解消後はブレーカーを入れた後にプラグを差し込んでください。

計画的な停電が予定される地域と時間帯につきましては、東京電力または当社ホームページ(www.tepco.co.jp)でご確認いただきますようお願いいたします。

平成23年3月15日

東京電力株式会社
posted by Mark at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の連絡先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田技研工業/ホンダモーターサイクルジャパン「自動車・自動二輪車等【震災関係の問い合わせ窓口】」

謹んで震災被害のお見舞いを申しあげます。

 この度の東日本で発生した大地震におきまして、被災された皆様に心よりお見舞い申しあげます。

 なお、現在ご愛用頂いている二輪・四輪・汎用製品に関して、お困りの点、ご不明の点がございましたら、お手数ですが、下記、お客様相談センターへご相談くださいますよう、ご案内申し上げます。

 平成23年3月16日

本田技研工業(株)
(株)ホンダモーターサイクルジャパン
お客様相談センター

 0120−112010
(受付時間:9時〜12時、13時〜17時)
posted by Mark at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の連絡先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。